大切な家族そして食べ物のこと
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

鉄博!
昨日はついに行ってきました鉄道博物館!
息子が最近前にも増して電車が好きなのでこれは連れていかねばと思っていたのです。

朝は7時過ぎに出発!
そして現地に9時到着。
入館は10時からだったので私だけ並んで旦那さんと息子は近くを散歩してなんとか時間を潰しました。
待ってる間、気温の高さと人の熱気でものすごく暑かった…。
あの待機する場所に巨大扇風機とかミストとか欲しいな。



パパとの散歩から帰って来て、パンフレットをしばし読む息子。


入館と同時に走り出す親子多数!笑
こんなに電車好きな子が沢山いるんだと改めて思いました。

どこかで見た写真はこれだったのか!と思わず私もパシャリ☆



昔の電車って中の作りが本当に素敵。
色合いもたまりません!
息子の為にきたはずなのに、何故か大人が楽しくなってしまった。

小さい頃自分が乗った電車やバスって座席のシートがこんな風にベッチン?!みたいな素材だったりしたっけ。電車にはタバコ用の灰皿とかついていて、母親に触ってはダメと良く言われたっけ…
バスの床も木で出来ていたな。

色々な記憶が蘇える〜



お昼は混むことを考えて早めに取りました。外にある電車の中で食べるということも考えましたが、息子超偏食の為、白米がなければならないので、レストランへ。
でも早めに入ったので、窓側の電車が見える席に座れました!
息子も食べながら過ぎ行く電車を見るのは初めてだったので大喜び。
子供が喜んでくれた時は心底幸せ感じます。疲れも吹っ飛ぶ!
来て良かったね〜と旦那さんと2人嬉しくなりました。

食後は館内をグルグル。
屋上の展望台からは、走る新幹線を見ることが出来ました!

息子

すごーい!
うわー!
でんしゃー!

連呼。笑

しかし、半端なく暑かったので、早々に下の階へ移動。

そこでも子供が楽しめる展示物が沢山あって息子もボタンをポチポチ押しては動くパネルを見てました。





疲れたけれど、とっても楽しかったです!

お土産はE5系はやぶさのビニール風船とコチラの手拭



息子の部屋に貼ってあげました〜

これからは私も少し電車の勉強しようかな。笑
アレルギー検査の結果




今日は息子のアレルギー検査の結果を聞きに病院へ行ってきました。

結果、
ピーナッツはクラス4、測定値36.7
大豆はクラス3、測定値5.11
アーモンドはクラス2、測定値2.90
クルミはクラス2、測定値2.40
小麦はクラス2、測定値3.30
卵白はクラス1、測定値0.67

でした。

先生曰く、ピーナッツでアナフィラキシーを起こしているので、数値が低くてもこれからはナッツ類は完全除去食品にした方がいいとのことでした。

このクラスというのはあくまでも目安らしくて、数値が低くても症状が出てしまう人もいれば、高くても平気な人もいるみたい。
なんだか少し曖昧で怖いきもするけど、あまり気にしすぎると大事な栄養まで取れなくなったりするみたいなので神経質になり過ぎずやっていこうと思います。

しかし、ピーナッツの次に大豆のクラスが高いことに驚き!
今までお豆腐や納豆、お醤油、お味噌汁など大豆製品をあげてきても大丈夫だったけれど、体調や量の問題もあるみたいなので、気をつけなければ。


写真はベランダプールではしゃぐ息子。午前中は公園、帰ってきてからお家プールの日々。

遊んだ後のおやつは格別?!笑




プール



昨日の夜から涼しくて過ごしやすかったですね〜

今日も朝から近くの公園へ。
前日は噴水出ていなかったけど、今日はお水が出ていて子供連れのママさん達で賑わってました。

あまり水が得意じゃない息子、大丈夫かな〜と思っていたら自ら水の中に入っていきました!笑
なんか嬉しい☆

公園の帰りハッピーデイなので某スーパーへ行き、欲しかったビニールプールを買いました。

帰宅して息子がお昼寝している間にプール準備!
お初ベランダプール、思った以上に喜んでくれて本当に良かった〜?

余程楽しかったのか終わりにしようと言ってもなかなか応じてくれず、抱っこして離したら大泣。苦笑




プールの後のお楽しみ。

ストレス発散







救急車騒ぎがあった後も、高熱を出したり、ずっと咳が止まらなかったりしたのでお家生活が続いていました。

きっと、息子は外で遊びたかったはず!と暑いの覚悟で週末大きな公園へ行きました。

到着するまでにグッタリしてしまった私でしたが、息子公園見るなり走りだしましたー笑

汗だくになりながらパパとボール遊びしたり追いかけっこしたり。
そんな光景を冷たい麦茶を飲みながら日陰で眺める母。
途中息子に呼ばれ一緒に追いかけっこしたけど、それはそれは暑かった。

息子には帽子しっかりかぶるように言うんだけど、髪が多くて暑いということもあるのか、とっても嫌がって脱ぐと頭をぶるんぶるん振って頭をかきます。
この日も途中まではかぶっていたけど、汗だくになったので、
今度は薄い布を巻き巻き。

休憩中、水筒の蓋取って!とパパに訴える息子。

日陰にはワンちゃんを連れたおばさま達が集合していたのですが、息子犬大好きなので気がつけば近くに行って撫でてました。可愛い光景にほっこり。

帰りはバギーを自分で押すんだと言うこときかないのでやってもらいました。











改めてコワイ
今日は診断書を持って近くのアレルギー専門の小児科へ行ってきました。

先生は診断書を読みながら、5段階とすると3から4のレベルだったんだから危なかったね〜ほぼピーナッツで間違いないと思うよ。と言われました。

5というのは死亡を指すと聞いて、息子のレベルに驚いた私。
今はいつもの息子に戻ったからいいけれど、怖いよ〜本当に。。

しかし、そんな状態だったのに残っているランチパックちょうだい!とか救急車の中で踊った息子は凄いなと思いました。

今日は血液検査をして結果は2週間後。他にアレルギー反応ないといいな。


ついでに昨日書いた爪のことも相談したところ、これはもうそっちに気がいかないように誤魔化すしか今のところ方法はないと言われました。

頑張ろう。

困った癖
例の入院があってホッとしたのも束の間、週末には40度の熱を出した息子…。
なんかこういう時って次々きますねぇ。

熱があがってもある程度元気だったのでもしかして、まだやっていない突発?!と思って様子をみていたんですが、夕方頃からグッタリしてしまい心配になったので、夜間救急へ。
喉が腫れているということで検査してもらったところ、溶連菌はマイナス、恐らくウイルス性の風邪でしょうという診断でした。

とりあえず、原因がわかってホッ。

その後、解熱剤を使っても熱が下がらず、フゥフゥ言って可哀想でしたが、今日になったらすっかり熱も下がりいつものように朝から1人でお喋りして踊ったり、走ったりしてました。汗

そして今日は午前中、再び入院した病院へ。
診察の結果、心臓音も問題無しということで、これまたホッでした。


話変わって、Twitterでは何度か呟いていたんですが、息子の爪を噛む癖。
どんどん悪化しているので本当に困っています。

ネットで調べると、単なる癖、愛情が足りないとか、緊張・不安・不満などがある時にやるのではないかと言われていると書いてありました。

愛情は沢山注いであげているつもりではいるので、思い当たると言えば言葉が話せないことからの苛立ち、不満などでそういうことをするのかなと思ってはいるのですが、その噛み方が激しくて、手の爪はもう噛むところがないのに噛むからもう少ししたら血が出そうだし、足の爪まで噛んで親指や人差し指は血がでてました。泣

注意すると余計にやると書いてあったけど、そんな状態なのに放っておくことは難しい…。

同じような悩みを持つママさんはいるのかなと思って調べると世の中には沢山いるんですねぇ〜
そして、その方達が試したという商品を発見!



マヴァラから出ている
『バイターストップ』
という商品。

これを子供の爪に塗ると、口に入れた時に非常に強い苦味(口にしても安全なもの)が残ることで、噛むことをやめさせるというもの。

こんなすごい商品があったのか!
まさに私が欲しかったものだ!と思って早速購入して使ってみました。

それはそれは期待してその時を待ちました。

が、しかし…

息子、何故か平気。

ガーン。

最初の1回はウワッ何これー!って顔をしたけど、気がついたらまた噛んでました。

あ〜泣!!

足の爪にも塗ってはみましたが効果がないので、今は常に靴下を履かせて防いでいます。

これから外で水浴びしたり、公園にいったりした時、小さな傷から感染したりすると恐ろしいので本当にやめさせたいんだけどなぁ。

言葉が話せるようになればストレスも減ってなおりますよと言われたりするけれど、それまで長いよー泣


アナフィラキシーショック


17日のお昼前、息子と2人で買い物から帰ってきてお腹が空いたと言うので、これでもいいかと安易な考えであげてしまったランチパックのピーナツクリーム。

直後に自分の舌を手でひっかいたり、うーう〜言ったり様子がおかしくなりました。
口元をみると地図状に赤と白の発疹。

アナフィラキシーのことは以前テレビで何度かみたことがあったのと、ナッツ類はアレルギーが出やすくて危ないというのを聞いたことがあったのですぐただごとではないと思いました。

咽喉が腫れているせいか息苦しそうで口元を掻いたりしていましが、動き回ったりは出来ていました。

とりあえず、いつも言っているアレルギー専門の小児科に電話したけど何度しても繋がらず…。
市から配布されていた書類に書いてあった子供救急相談に連絡するも時間外(気が動転していた)
その後、以前行っていた小児科に電話したところ、直ぐに救急車を呼んだ方がいいと言われたので119番通報。

その間もママーママーと呼びながら苦しそうにする息子。抱きついてきたり、身体を擦り寄せて倒れたり。

でも、あっちあっちと外に行きたそうだったり、受話器をかせと言ったり行動はいつも通り。その行動が逆に可哀想に思えました。

それでももっと症状が悪化してこの後、息子がどうにかなってしまったらどうしよう。
自分が息子を苦しめることをしてしまった…と色々な思いが頭を巡って受話器を持つ手が震えていました。

救急車が到着するまでがとても長く感じました。神様〜神様〜とこんな時ばかりお願い。
息子を抱きながら泣きそうになりました(′??) 玄関で待っていると救急隊の人が来てくれて車へ。

息子知らないおじさん達をみてエンエン泣いていましたが、しばらくすると
サイレンの音の真似をしたり、腕を動かして踊ったりとかなり意識ははっきり。
でもやり終わるとグッタリゼーゼー。

救急センターに運ばれ、その直後抱きかかえている私の肩で嘔吐。
処置を行うということで、私は一旦部屋の外に出されて待機。
次に見た息子は手に点滴をしていたけれど、すやすや寝ていました。

恐らく食べたものから判断して、ピーナツアレルギーの可能性が高いと言われましたが、その他にもあるかもしれないのでこらから詳しい検査が必要とのこと。

自分の子供はそんなアレルギーはないはずと根拠のない自信がありました。

試しにあげたことで、結果自分の息子を苦しませてこんな状態にしてしまったことに深く反省。

今回経験してわかったアナフィラキシーショックの恐ろしさ。
食べさせてみなければわからないというのがありますが、皆さんもお気をつけください〜!!

因みに退院後1日目の今日の息子はいたって元気ですが、頬の赤みや腫れはまだひきません(?????)
早くよくなりますように〜☆