大切な家族そして食べ物のこと
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

やっと!


再び私のところへ、ベビちゃんがやってきてくれました!

心拍確認出来るまでドキドキしたけど、無事確認できましたー。
診察室で軽く涙でそうだったよ。

心拍確認出来たとはいえ、まだこの先何が起こるのかわからないけど、お腹の子の生命力を信じます。

しかし、今回はrikuのとき以上につわりが酷くてまいっとります。。
ひとつでもこれだったら食べれるっていうのがあればいいんだけど未だ見つからず…。
日によって果物も大丈夫だったり駄目だったり。難しい…

お水を飲むと吐いてしまうため、先日脱水症状がでて連日病院で点滴してきました。

吐き気止めが入っているわけじゃないので、吐き気はおさまらないけど、水分補給出来るだけで帰りの身体が随分軽くなるんですよね。

まだまだ初期でこの感じだと長いこと点滴通いしそうな予感…( ???)


でも、いつかこの苦しみは終わると信じて耐えなければっ!!

あーやっぱり年だから余計身体に負担かかってしんどいのかなー?
あるな。絶対。。苦笑





稽留流産その後
JUGEMテーマ:日記・一般





期待はしない方がいいと言われ、次の検診日まで1週間。。。

その日を静かに待ちたかったけど、検診日2日前から茶色のおりものになり翌日には
血が混じるように・・・
このまま進行流産になって大出血でもおこしたらどうしようと怖くなって病院へ。

エコーで見た胎のうは前回よりも小さくなっていました。涙
先生からも今回は諦めた方がいいかもしれないねとハッキリ言われ
翌日掻爬手術をすることになりました。

22時30分以降飲み食いは禁止。
翌日朝食も抜いて病院へ。
予約時間の9時30分に病院へ行ったけれど結局、病衣に着替えたのは11時近く。
しばらくすると手術台へ呼ばれました。
上半身から下はカーテンで仕切られていて一体何をしているのかよくわからなかったけれど
とにかくカチャカチャと器具が並べられている音で緊張が高まりました。

一体どんな風に麻酔するんだろう〜
掻きだすってコワイ・・・
麻酔効かなかったらどうしよう・・・

待っている間に色々考えたら余計にドキドキしてきて寒気が・・・。

その後、右手の指に心拍装置。
左腕に筋肉注射、ブドウ糖点滴が入りました。
そして麻酔をすると手を動かしてしまうときがあるとのことで、左手を台に縛り付けられました。
ココでわたしの緊張マックス。。


たーすーけーてーーーーーー泣
こーわーいーーーーー!!!怯

タオルをかけてもらっている足もとはガクガク震えてしまいました。
手術をすると決まってからは冷静でいられたと思ったのにいざ手術になったら
こんな感じ。

10分ほどすると院長先生が入ってきて
看護婦さんに
「今から麻酔入れますから一緒に数字数えてくださいね〜。」

「いーち、にー、さーん、よー・・・・。」

もう自分で4を言うときには声が出なくなって目の前が見えなくなりました。

気が付いたらギュっと抱えられる感覚があって、ベッドに横にされていました。

「あ〜終わったんだなぁ。。。」

そんな風に思いながらもお腹が痛い〜!!っと寝返りをうったことは良く覚えています。
でも次に目を覚ました時には全く痛みはなくまたそのまま2時間ほど眠り続けました。

間もなくして看護婦さんに着替えてもう帰宅してもいいと言われ
支度をしていたのですが、カーテン越しに私と同じ手術をすると思われる
人が入ってきました。

同じ気持ちの人がここにもいるのか・・・
ツライですよね・・・
頑張って。そんな気持ちがこみ上げました。



着替えた後の自分のお腹は来た時よりぺたんこになった気がして
一気に悲しい気持ちに。。
でも3ヶ月一緒にいらて良かった。
また、戻ってきてねそういってお腹を撫でました。

しかし2時間寝ても全身麻酔した身体は重たくてボーっとしたまま。
帰りはひとりで歩いて帰るつもりだったんですが、看護婦さんにタクシーで帰った方が
いいと言われいうとおりにしました。

帰ってからは、とにかくお腹が空いたので(私らしい〜)食事をして休ませてもらしました。
この日はrikuがとても大人しくていい子でした。
なんかわかるんですかねぇ。。しきりにだいじょうぶ〜?大丈夫?と。。涙

旦那さんは私の全身麻酔がとても怖かったらしく本当に無事に帰ってきてくれて良かったと
言ってくれて不慣れな手つきで一生懸命カレーを作ってくれました。

こんなこと滅多にないんでね、お夕飯時嬉しくて涙でちゃった。笑

大変な時もこうやって支えてくれる家族がいるってだけでわたしは幸せだ
って思えた長い1日でした。








どうやら駄目みたいです
前回の記事では沢山のお祝いコメント本当にほんとにありがとうございました〜!嬉しかったです〜


でも、どうやら今回は妊娠継続が難しい状況になってしまいました。
初めて診察した時から胎嚢の大きさが小さく心配はしていたんですが、ま、次回は大きくなってはず!と楽観的に考えてました。

でも2週間後の検診でも胎嚢の成長も週数よりは随分小さくて…。
先生もうーんと言った感じで、次の検診で成長みれなかったら稽留流産ということも考えなければならないけれど、もしかしたら赤ちゃん見えるかもしれないから一週間後また来てください。と。

もしかしたら心拍確認できたりして?!なんて思っていたからまさに天国から地獄でした。

確かに周りにそういう経験をした人がいたし、話も聞いたことがあったけれど、まさか自分が…という感じでした。

今回の妊娠では、つわりが軽いのもずっと気になっていたので、もしかしたら…という気持ちは常に持っていたはずなのに、改めて先生からそんなことを言われるとものすごい悲しい気持ちになってまさか泣くとは思っていなかったのに帰り道歩いていたら勝手に涙が溢れてました。

イカンイカン!!と深呼吸しながらやっと家の近くまできたところで何故か夫が息子を連れて迎えに来てくれていて…
2人の姿見たら、抑えきれなくなってうわーっと周り気にせず涙ボロボロ流して泣いてしまいました。。
それをみたrikuが何度も
「ごめんね〜ごめんね〜」
と言うから余計悲しくなって。

rikuは何にも悪くないでしょ〜
ママこそごめんねーおかしいねぇ〜
こんなところで泣いて。お家帰ろう〜
とトボトボ歩いて帰宅。

その後も考えても仕方ないのにネットで色々調べてみたりしては溜息ばかり。

次の検診までの1週間。
なんとも言えない気持ちで過ごすことになりました。こんなに1週間過ぎるの長く感じたことなかったです。
やっぱりダメでしたを聞くために行くって嫌なものです…。

で、本日検診だったのですがー、
院長先生丁寧にエコーで診察してくれました。胎嚢は大きくなっているものの中身がない…。
その後の先生との話でも色々と排卵日のズレかもと調べてくれたりしたけれど、やはり今回は厳しいとのことでした。
とりあえずもう1週間だけ待ってみようと言ってくれたけど、決して期待しない方がいい。心の整理の為の1週間だと思ってと言われ帰ってきました。

前回でガツーンという衝撃を受けたので今日は落ち着いて話を聞くことができました。

世の中にはもっともっと肉体的にも精神的にも辛い思いをされている方がいるんですもんね…
初期の段階で良かったと思わなくてはいけないという考え方もあるのかもしれないです。

ありがたいことに、無邪気な笑顔で笑わせてくれる息子、心配してくれて前向きな言葉をかけてくれる旦那さんがいるのでなんとか気持ちの整理をつけてこれから生活していきたいと思います。

そして、また近いうちに?!
お腹に赤ちゃんが戻ってきてくれたら嬉しいです。


お祝いコメントくれた皆さん、こんな結果になってしまって本当にごめんなさい。
また、皆さんに報告出来る日がくる事を夢見て頑張りまーす!!



嬉しい!
えーまだまだ周りの人達にも報告していないけれど、ここは自由なマイブログということで?!かなり早い段階ではありますがもうここに書いてしまおうと思います。

ありがたいことに、この度2人目を授かることができました。
現在、2ヶ月目。

思い返せば、リクの時も嬉しくてものすごい早い段階でブログに書いたような。。笑
本当に我慢出来ない性格だな。

私も夫も妹や弟がいるので、出来たらリクにも!なんてことをずっと考えていたのですが、ヨシっと思うとなかなかこれが出来ず思ったより時間がかかってしまいました。

この後もしかしたら残念な結果になることがあるのかもしれないけれど、無事成長してくれることを信じてこれから生活していきたいと思います。

こんな早い段階でまたまたつわり。
リクの時も6wで朝からしんどくて座りながらご飯作っていたこと思い出すとなんとも懐かしい。。

あー、やっぱり1度経験しているのと2回目は違うな。比べることが出来るんだもん。←そうは言っても、だいぶ記憶薄れてますけどね。笑

いやぁ〜とにかく嬉しいです。

リクはというと、赤ちゃんのお話をしてもなんのこっちゃ?!っという感じで、人のお腹撫でながらイタイイタイとんでけ〜とやってくれてます。

結構優しいからいいお兄ちゃんになるかな?!
うひょーそういう姿見てみたい〜!!